エコノミー症候群になってしまったら 症状・原因・治療法ガイド

スポンサードリンク

エコノミー症候群を防ぐ方法、なってしまったらどう対処するべきか

エコノミー症候群とは正式な医学用語では急性肺動脈血栓塞栓症といいます。

 

エコノミー症候群のエコノミーとは飛行機のエコノミークラスのことを指しているわけですが、バスや車内泊、長時間のパソコンなど、長い間同じ姿勢で下股を圧迫し続ける状態のときに起こりやすくなります。ただし、飛行機での移動の際は、通常の生活状態よりも多くの水分を体が外に出してしまう為、普通よりエコノミー症候群に掛かりやすいとされています。

 

たとえファーストクラスであろうと、同じ体制で長時間フライトを続けた場合にはエコノミー症候群となる可能性は十分にありますが、エコノミークラスの狭い座席で発症する確率のほうが圧倒的に多くなっています。

 

また、注意すべきは飛行機やバスなどの移動時だけではありません。

 

大地震の災害時などに避難所で寝泊まりせず、車中泊を行う場合がそれにあたります。

 

被災地の避難所ではプライバシーが確保できなかったり、建物の中はかえって危険だったり、そもそも避難所のスペースが無かったりといろいろな理由で車の中で寝泊まりする人が増えます。

 

この、エコノミー症候群は、長時間同じ姿勢で血管を圧迫していた事で、血液が凝固し血栓となります。

 

長時間のフライトを終え、飛行機が着陸し、着ないから出ようと席を立った瞬間に、その固まった血栓は血管を通り肺にたどり着きます。

 

すると肺の血管を詰まらせ、急性肺動脈血栓塞栓症を引き起こし、最悪の場合死に至らせます。

 

何でもない健康な人間が、突然死んでしまう可能性がある、恐ろしい症状がエコノミー症候群なのです。

 

その為、各飛行機会社では、このような事態を防ぐ為、フライト中に体操をとりいれたり、エコノミー症候群にならない為の説明やこまめな水分補給を促すようになっています。

 

スポンサードリンク

 

旅行中にもしもエコノミー症候群になってしまったらどのような症状がおこり、どのように対処したらよいのでしょうか?
まだ、エコノミー症候群という言葉を聴くようになって時間はたっていないため、一般的な知識は浸透していません。

 

日本代表に選ばれるようなプロサッカー選手でも症状を発症してしまうエコノミー症候群ですから、男女年齢関係なく誰にでも起こりえることです。

 

昨日までなんの病気もなく、元気に過ごしていた人でも、ひとたびエコノミー症候群を発症すれば、大きな合併症に見舞われたり、最悪の場合亡くなってしまう事もあるのです。

 

このサイトではそんな誰にでも起こり得る、恐ろしいエコノミー症候群について詳しく解説しています。

スポンサードリンク