エコノミー症候群の治療

スポンサードリンク

エコノミー症候群の治療

上空を高く飛ぶ飛行機の中というのは、私たちが想像する以上に空気が乾燥しているものです。

 

この空気の乾燥により、血中の水分量が低下し、より一層血栓が出来やすい環境が出来てしまうのです。

 

空気が乾燥する事で体内の水分が失われ、血栓が出来やすい状況が生まれます。
さらに、エコノミークラスのような自由に身動きの取れない狭い環境が、血栓が出来る状況に拍車をかけます。

 

エコノミー症候群に実際に掛かってしまったらどのような治療が行われるのでしょうか?

 

まず、エコノミー症候群の発症は、長時間同じ姿勢をとり続けた後に席を立とうとするときに起こります。

 

軽度の場合にはめまいや吐き気などの症状があらわれますが、重症の場合にはそのまま意識を失ってしまいます。

 

その為、症状が現れてから数時間は人命に関わる重要な時間です。

 

たいていの場合、患者は飛行機が着陸するまで熟睡している場合が多い為、既に陸に付いていればまだ良いでしょう。

 

これが上空でトイレに立つときに発症してしまったら、かなり危険です。

 

エコノミー症候群を発症してしまったら、すぐに病院へ運ばれ治療が始められます。

 

症状が思い場合の治療法は血栓を溶かす為の薬が投与されます。
症状がそれほど重くない場合には、それ以上血栓が作られないように抑制させます。

 

また、カテーテルによって血栓を取り除く場合もあります。

 

エコノミー症候群の治療は長期間にわたって行われます。
命が助かったとしても、長い期間運動が出来なかったり、日常の生活が遅れなかったりなど、通常の生活が取り戻せるまでには根気も必要です。

 

サッカー日本代表だった高原直泰選手も、すぐに試合に出る事が出来ずに苦しい日々を乗り越えてきました。

 

スポンサードリンク