エコノミー症候群 対処法

スポンサードリンク

エコノミー症候群にならない為の対処法

エコノミー症候群は誰にでも簡単に起こりえる割りに、症状が出てしまうと最悪の場合死に至る本当は恐ろしい物です。

 

ほとんどの場合ロングフライトの飛行機の中で熟睡してしまった場合に起こります。

 

その為、エコノミー症候群にならない為の対処法としてもっとも基本的なものは熟睡しないようにするということです。

 

しかし、仕事や長旅で疲れている場合や、ヨーロッパへn旅行などの場合で10時間以上のフライトともなれば、寝ずにおき続けるというのもなかなか難しいものです。
その為、オススメなのは席を予約する際は窓側ではなく、通路側を選ぶようにします。

 

このことで、自分はすぐにトイレなどに立てるだけでなく、窓側の人が席を立つときに半強制的に自分も席を立たなければならず、足を動かす事が出来るからです。

 

また、水分はこまめに取るようにします。機内の湿度は非常に低く、自分でも気付かない内に体内は水分不足となります。目安としては1時間に100ml以上を飲むと良いでしょう。
その際コーヒーやビールは避けましょう。コーヒーとビールには利尿作用がある為、必要以上に尿として水分を排出してしまう為です。

 

また、トイレに立てない場合などは、足をストレッチさせたり、かかとを上げる運動を行うようにします。

 

足を組む体制は、長時間続くと血液がたまりやすいため、こまめに組み替えるように意識するか、組まないようにします。

 

スポンサードリンク

 

車中泊でのエコノミークラス症候群の防ぎ方

 

地震などの被災地や、長距離ドライブの仮眠時など車の中で眠らなければいけない場面でもエコノミー症候群に気を付けなければなりません。

 

車の座席で眠るとなれば場合によっては飛行機のエコノミークラス以上に狭い空間になることもあるでしょう。

 

車中泊の場合の注意点は

 

・シートはできる限りフラットにする
・なるべく荷物を端に寄せ、足を延ばせる空間を確保する
・足を伸ばせない場合は足元に段ボールなどの台になるものを置き、そこに足を乗せる
・眠る際に足を締め付けるタイツやジーパン、スキニーパンツははかない

 

このように、ちょっと気をつけるだけで予防できるのがエコノミー症候群ですので、いつ自分がなってもおかしくないという自覚の元、これらの対処法を実践しましょう。

スポンサードリンク