エコノミー症候群 ふくらはぎ

スポンサードリンク

エコノミー症候群にならない為のふくらはぎのケア

エコノミー症候群になる前におこなう対処法として、ふくらはぎのケアは大変重要な要素になります。

 

もともと心臓よりも大きくはなれた場所にある足は、血行が止まりやすい傾向にあります。しかし、足は体の中でも一番大きくそして活発に動かせる場所である為、その動きがポンプの役割となり、動くたびに血流が促されます。

 

その為、足を自由に動かせる状態にあれば血流は確保できる為、血栓ができる心配は少なくなります。

 

しかし、エコノミークラスのような狭い座席に長時間座り続けたり、ましてや熟睡してしまったりすると、自分の体重によって座席に押しうぶされる太もも付近の血管によって血の流れが止まり、血栓が出来、エコノミー症候群となってしまいます。

 

その為、ふくらはぎや足をこまめに、意識的に動かすというのはエコノミー症候群を予防する為には大切な事となります。

 

航空会社では、エコノミー症候群が発症する可能性のあるロングフライトでは、キャビンアテンダントの指示により足の軽い運動が促されます。

 

また、ふくらはぎ部分を軽く締め付けるソックスやタイツは血行を促進する働きがある為、機内でどうしても睡眠をとりたいという人にはオススメです。

 

しかし、忙しいビジネスマンや海外遠征の多いスポーツ選手など、はじめからたっぷりと眠りたいと考えている場合には、旅費が高くなってしまいますが足を伸ばせるシートを予約しておいたほうが良いでしょう。

 

エコノミー症候群になってしまうリスクを考えれば、少し高いシート代など安いものです。

 

 

スポンサードリンク