エコノミー症候群になったら

スポンサードリンク

エコノミー症候群になったら

長時間の血管の圧迫によって起こるエコノミー症候群ですが、およそ4時間を超えて同じ体制を続けてしまうと発症する確立が高まってきます。

 

その為、エコノミー症候群を避けるためには、いくら長いフライトだとしても深く眠り過ぎないように注意する必要があります。身動きが取れないエコノミークラスの座席の場合には特に注意が必要です。

 

一瞬腰を浮かせたり、足を伸ばしたり、軽くストレッチするだけでも、エコノミー症候群になる確率は非常に低くなります。
また、体内の水分量が減少すると血液の濃度が高くなり、血の塊、すなわち血栓が出来やすい状態となります。
上空を飛ぶ機内は特に乾燥しているため、水分補給はこまめに行う必要があります。

 

エコノミー症候群は一度症状が出始めると自分では助けを求める事が出来ない場合があります。その場合、隣の席の人にもキャビンアテンダントにも気づかれる事無く命を落としてしまうという事だってありえます。

 

その為、エコノミー症候群にならないような予防策に最も気を遣う必要があるのです。

 

スポンサードリンク

 

しかしながら対処方法や予防法を気にしていたとしても、長い旅行の疲れや時差などで、深い眠りに入ってしまい長時間同じ体制となってしまう事はあるでしょう。
もしもエコノミー症候群になったらどのような症状がおこるうのでしょうか?

 

まず、症状が軽い場合には太もも付近が赤くはれ上がり痛みも感じます。
症状が重い場合には肺に血栓がつまり急性肺動脈血栓塞栓症を引き起こします。胸の痛み、呼吸困難が始まり、失神、意識喪失が起こり自分ではどうすることも出来なくなってしまいます。
その為、少しでも異変を感じたら早めにキャビンアテンダントや周りの人に状況を伝えましょう。
しかし、実際には深い眠りから覚め、席を立った瞬間にすぐに症状が現れるため、状況を説明する事も出来ない場合があります。

 

病院では薬の投与により血栓を溶かすかカテーテルの手術などで治療を行いますが、いうれにしろその場に居合わせた人が早急に医師を呼ぶ対応が求められます。

 

 

スポンサードリンク