エコノミー症候群 ストッキング

スポンサードリンク

エコノミー症候群を予防するストッキング

エコノミー症候群を未然に予防する為、弾性ストッキングを着用して飛行機の機内でフライト時間をすごす事は非常に有効です。

 

一見ストッキングをはいてしまうと足が締め付けられて血流が悪くなってしまうように感じますが、血流を促す専用の弾性ストッキングやソックスを履くことで、程よい締め付けが帰って血流を良くしてくれます。

 

これは静脈を締め付けて血流の逆流を防いでくれる働きがある為です。

 

血流を促すように設計された弾性ストッキングは市販で購入する事が出来、2000円前後で手に入れることができます。

 

特に6時間以上のフライトとなる場合は弾性ストッキングやソックスを用意したほうが良いでしょう。

 

また、地震などの被災地においては車内泊が余儀なくされるなどでエコノミー症候群を発症する割合がたかまります。

 

特に女性はエコノミー症候群の危険が男性よりも高い為弾性ストッキングは活躍するでしょう。

 

また、注意点としてスポーツトレーニングなどで使われるスパッツはエコノミー症候群の対策としては逆効果です。スポーツ用のスパッツは筋肉を固定し筋出力を上げる為に履くものであり、長時間吐き続けると血流が悪くなり体への負担が大きくなります。

 

スポンサードリンク

 

海に囲まれた日本において6時間のフライトというのは割と多いものです。

 

シンガポールなどの東南アジアでも場所によっては6時間を超える場合がありますし、アメリカ本土、ヨーロッパとなれば10時間以上のロングフライトとなります。

 

また、弾性ストッキングを日ごろからはく事で、足のむくみが改善され、足痩せ効果も感じられるかもしれません。
足は第二の心臓と呼ばれるほど、体全体の血流にとって重要な役割があります。

 

体の血流が良くなればむくみや血栓予防以外にも様々な良い効果がもたらされる為、是非取り入れたいところです。

 

男性の場合はストッキングははけませんので、ロングソックスなどがお勧めです。。

 

最近は着用するだけで血流やリンパの流れを促し、疲れが取れてしまうという、男性用の下着やタイツも人気となっています。

スポンサードリンク