エコノミー症候群 入院

スポンサードリンク

エコノミー症候群の入院期間

エコノミー症候群になった場合、入院期間は長期間に及びます。

 

早くても2週間で終わる場合がありますが、かなり症状が軽い場合といえます。

 

症状が重ければ半年近く入院しなければなりません。

 

入院中は出来てしまった血栓を溶かす治療が行われます。
また、カテーテルによって血栓を取り除く場合もあります。

 

また、ポンプマッサージによって血流を促します。

 

たいてい血栓が出来やすいかどうかには個人差がある為、入院期間が終わったとしても、一度症状が現れてしまったら油断してはいけません。

 

普段から運動やストレッチを行い血流を良くするよう心がけなければいけません。

 

また、出来てしまった血栓は簡単に除去できない場合もあり、退院後も薬を飲み続けたり、運動が出来なかったりして、日常の生活を取り戻す為には長い時間がかかります。
通院も3ヶ月から半年に1度は行い、症状が再発していないかなど血栓の状態も見守らなければなりません。

 

ほんの数時間、機内でただ疲れを癒す為に眠ってしまったばかりに、人生が大きく変わってしまう病気がエコノミー症候群なのです。

 

どんな人でもいつ起こるかわからない為、飛行機に乗るときには水をたくさん飲むとか、こまめに足を動かしたりストレッチするなどすることが、本当に大切になるのです。
水を飲むだとか足を動かす、たったそれだけのことが出来たか出来ないかで、人生を終わらせてしまう病気、一生を狂わせてしまう病気、それがエコノミー症候群なのです。

 

スポンサードリンク